2008年11月29日

職場における具体的なストレス要因

職場で受ける具体的なストレスの原因は次のようなものがあります。
これらを知り、ストレスの対処法に活かすことが大切です。

1.職務レベルのストレス要因
@仕事の負担が大きすぎる・少なすぎる
A長時間労働・休憩時間が取れない
B仕事上の役割や責任のあいまいさ
C従業員の知識・技術・技能が活かされていない
D繰り返しの多い単純作業
E仕事上の裁量権の低さ
F時間的切迫
G職場における役割と家庭における役割の両立

2.職場レベルのストレス要因
@職場目標や方針の不明確さ
A成果重視
B人間関係の希薄・悪さ
C職場の意思決定に参加する機会の少なさ
D職場風土・作業環境

3.組織レベルのストレス要因
@組織の将来性
A雇用の安定
B経営戦略・方針・組織構造・人事制度の急激な変更
C不透明な評価・計画・処遇
D役割・地位・所属の変化

2008年11月23日

職業性ストレス

職業性のストレスは、様々ですが物理的・化学的なストレスや生物的なストレス等、どの職場でも共通して大きいのは、対人関係に起因する心理的なストレスです。
職場が原因のストレスを大きく3つの要因に分けると、次のようになります。

@人間関係そのものによるストレス
中でも、「職務上の階層に起因するもの」や「性による人間関係」が特にストレスになり易くなっています。

A人間関係が介在する業務から生じるストレス
休みがち・ミスをしがちな同僚のために、過重労働を押し付けられるようなことが続くと、些細な問題でも対人関係を歪めてストレスとなります。

B業績の評価に起因するストレス
業績を適切・公正に評価してもらえないという不満は、直属の上司に向けられるだけでなく、上司を管理監督する更に上の管理職に対しても向けられます。
posted by frank at 16:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ストレスの基礎知識

2008年11月20日

職場におけるストレス

"ストレスを受けないようにすることはできない。"
であれば、自分の周りにどのようなストレス要因があるかを知ることで対処することができます。
一日のほとんどを過ごす職場。
職場におけるストレスの要因を知れば、事前に対処もしやすいハズです。

平成14年に発表した「従業員健康状況調査」によると職業生活におけるストレスは、「人間関係」が起因するストレスが35.1%と最も多く、続いて「仕事の量」「仕事の質」「仕事への適性」等の職務に起因するものや「会社の将来性」「雇用の安定性」等もストレスとして感じている事がわかります。


職場の人間関係      35.1%
仕事の量の問題      32.3%
仕事の質の問題      30.4%
会社の将来性      29.1%
仕事の適正の問題  20.2%
雇用の安定の問題  17.7%
定年後・老後の問題 17.2%
昇進・昇級の問題  14.5%
posted by frank at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスの基礎知識

ストレス要因が引き起こすストレス反応とは

スライド 4
ストレスとは、誰でも起きる自然なものです。
私達の脳が周囲の環境に適応しようとする生体の大切な機能です。
しかしながら、人はストレス
要因にさらされると、その刺激や要求に応じて生体に緊張状態が発生し、身体面・心理面・行動面において様々な反応が生じます。
これらの反応を「ストレス反応」と呼びます。

人の自律神経系は、視床下部でコントロールされて、昼は活動的に動くように交感神経が活発になり夜は、体を休めるために副交感神経が優位に働くようにホルモンバランスを整えます。
ストレスを受けると、体はそれに何とか耐えようとしますが、強いストレスや継続的なストレスにさらされると自律神経系のバラン
スが崩れてしまい、身体的な症状として現れます。
具体的には、強いストレスを受けて、自律神経系のバランスが崩れ、夜にもかかわらず交感神経優位になると、脳が活発に動き出し、眠れなくなる、つまりは不眠になってしまうということになります。

posted by frank at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスの基礎知識

2008年11月18日

ストレスとなる要因

ストレス反応を引き起こすストレス要因にはどのようなものがあるのでしょうか。
具体的には、次のような要因があります。

スライド 0
物理的要因
暑さ、寒さ、騒音、紫外線、放射線 等
化学的要因
排気ガス、煙草の煙、悪臭、栄養不足、毒物 等
生理的要因
飢餓、運動、外傷、手術、感染、過労、障害 等
心理的要因
恐怖、怒り、不安、不満、葛藤、緊張 等

スライド 3
例えば、暑い・寒いといった気温の変化はストレス要因の1つであり、ストレスに対する反応は環境の変化に適応しようとする体の働きです。
これと同じように、心理的なストレスに対しても人は同じように適応するよう反応します。
その際、心理的なストレスに対して、ストレス要因をどのように「認知」「評価」し「対処」するかによって、「良いストレス」にも「悪いストレス」にもなります。

スライド 3
メンタルヘルスマネジメントは、こうした「悪いストレス」を自己成長のチャンスにする「良いストレス」に転換するように仕向けることであり、ストレスと上手な付き合い方をすることが大切になります。
(適度なストレスは、「人生のスパイス」となりま
す。)
posted by frank at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスの基礎知識

2008年11月17日

ストレスとは

私達が日ごろ口にするストレスとはいったいなんでしょうか。
ストレスに関する明確な定義はまだありませんが、ストレス要因ストレス反応をあわせて、ストレスと呼びます。

それでは、ストレス要因とストレス反応とはなんでしょうか。
簡単に言うと、原因と結果のようなもので、いつも私達が使う「ストレス」とは、両方を指します。

具体的には、次の通りです。
  • ストレス要因(ストレッサー)とは、職場や家庭での人間関係、長時間労働や過重な責任の発生など、個人にとって負担(負荷)となる外からの刺激ことです。
  • ストレス反応とは、ストレス要因によって引き起こされる様々な心理的反応と身体的反応のことです。
    具体的には、ストレス要因によって、感じる不安や怒り、不満、抑うつ気分等を心理的反応と呼び、疲労感、食欲不振、不眠等を身体的反応となります。
一般的に社会では、多くの場合、両者を区別することなく単にストレスと呼んでいます。
実際には、ストレスが多いと言った場合、ストレス反応を感じる場面が多くなっていることを表すため、ストレス要因が増えていることを意味し、ストレスでイライラすると言った場合、過度のストレスを受けて、自分が自覚できるまでにストレス反応が現れていることになります。

まとめ
ストレスとは、ストレス反応を引き起こすためのストレス要因と、ストレス要因によって引き起こされるストレス反応に分かれる。
posted by frank at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスの基礎知識

2008年11月16日

はじめに

日ごろ、何気なく「最近、ストレスで〜」という話をすることがあります。
ただ、それが本当にストレスなのかはあまり考えていません。
つまりは、ストレスやメンタルヘルスが身近な問題となっている今日。
それに対して正しい知識を持ち、しっかりと理解している方は少ないと思います。
心理学や生物学といったジャンルで研究されていますが、それを、「ボジティブに考えろよ!」とか、「気持ちのもちようだけだ!」といった風に簡単に片付けられるものではないと思います。
それなのに、社会問題化している「うつ病」等の病気に掛かった際に、世間の知識不足による偏見が非常に強いこともあります。

そこで、症状が表面に出てから、クリニックやカウンセリングに頼るのではなく、ストレスやメンタルヘルスに関する基礎知識を学び、心の健康問題への正しい態度を身につけることで、セルフケアの第一歩をスタートしようと思います。
posted by frank at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスの基礎知識